不動産投資会社の評判を調べる方法を伝授!

家賃を保証してくれる

婦人

その仕組みとサービス

家賃債務保証は保証会社が保証料を受け取る代わりに、契約期間内に入居者の連帯保証人となってくれるサービスのことです。賃貸物件を貸す側としては、未納となった家賃を保証会社から回収することができるメリットがあり、借りる側としても見つけるのが難しくなっている連帯保証人を探さずに部屋を借りることができるといったメリットがあります。このため昨今の賃貸住宅において家賃債務保証は標準的なサービスともなっています。一方で家賃債務保証といってもそのサービス内容や仕組み、また保証料もさまざまです。このため利用をする際には、仕組みを理解しておく必要があります。家賃債務保証の基本的な仕組みは、入居者が保証料を支払い保証会社が契約期間中は連帯保証人となるものです。利用する際には、保証会社が入居者の審査を行いますが、会社の系列によって審査基準が変わります。専業の保証会社であれば現状の収入などを見て判断されますが、金融系の保証会社では信用情報機関などの情報を確認した上で判断されます。家賃の支払いに何ら問題がなければ、保証会社は何ら行動を起こすものではありませんが、家賃の未納が発生すれば契約にもとづいて貸す側に対して家賃が支払われます。契約内容によって保証期間が異なりますが標準的には1年程度です。なお代わりに支払った家賃は後日に家賃債務保証会社が回収することになります。保証料もまちまちで契約期間が1年で1ヶ月から2ヶ月の家賃としているのが一般的ですが、家賃相当分を求めるケースもあります。家賃債務保証を利用して支払いが不能となった場合の明け渡しや法務コンサルティングや支払いコンサルティングといったものを提供している保証会社もあります。